Entries

スポンサーサイト

産学共創プロジェクトのプレゼンテーション

ここで紹介しました産学共創プロジェクトの最終プレゼンテーションが行われました。今回のプロジェクトは大分県佐伯市で真珠の養殖から生産販売まで自社で行うオーハタパールさんとの共同開発で、プロダクトデザインを学ぶ一年生13名が約2ヶ月間、養殖の体験からリサーチ・サーベイ、アイデア発想、デザイン、図面、プレゼンテーション資料の作成等一連のデザインプロセスに沿って進められました。M...

工房

7月に入り、前期もあと残り僅かとなりました。デザイン専攻の特殊教育棟(工房)では課題作品の制作の追い込みで授業外でも作業が進められています。こちらは、専攻科1年生の作品。作品展を間近に控え、制作も大詰めです。「成型合板」という曲面に成型した板を使った家具を制作しています。型の制作から成型、成型品のカット、組立、塗装まで行います。上の写真の成型された板を3枚組合わせます。こちらは短大2年生の金工の授業の...

卒業制作最終プレゼンテーション

短大2年生では2年間の集大成「卒業制作」に向け最終プレゼンテーションが行われました。卒業制作展まであと一週間。学生の顔つきも変わってきました。大分県立芸術文化短期大学美術科第50回卒業修了制作展期 間: 2012年1月31日(火)~2月5日(日)時 間: 9:00~17:00(最終日は16:00まで)場 所: 大分県立芸術会館(大分市牧緑町1-61)入場料: 無料近くにお越しの際は、ぜひお寄りくださ...

小学生対象ワークショップ

大分県立芸術文化短期大学の美術科では「地域ふれあいアート講座」と題して大分県内の小学校の児童を対象にワークショップを開催しています。今回は美術科生活造形の学生が担当しました。低学年と中学年に分かれデザイン画を制作します。低学年では「木」をテーマに枝や落ち葉、木の実を持ち寄り、絵具やクレヨンで彩られた画用紙に貼付けオリジナルの「木」を制作します。中学年では「自分の顔」をテーマに雑誌や新聞から切抜いた...

造型機

前期の授業は26日に終わり今は試験期間です。試験やレポート提出、課題作品提出で学生達にとっては夏休み直前のちょっとした試練です。生活造形のプロダクトデザインコースの学生達も課題作品提出に追われています。先日そのモデル造りを行ったのですが、特殊な方法で造ったので紹介します。この装置は3Dプリンターといいます。CADと連携した3次元造形機です。造形したい形を3DCADというコンピュータソフトで作成します。(これが...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。